ダイエットの頂を目指すブログ

体重が標準辺りまで落ちると停滞期になってしまうものですが、そこでいらっとしてドカ食いをすると今までの努力が無駄になってしまいます。

標準まで落ちたからもういいじゃないか、と思われるかもしれませんが、肉付きが変な部分などがあり、そこを重点的に痩せさせたいときがあるのです。

停滞期のダイエットで実践をしたい事

ochadieter

停滞期の乗り換え方は、ムリをしない体重を見ても落ち込まない、気を楽にもつなどです。それが出来たら楽なのですがダイエットはそうもうまくいきません。

毎日の努力が必要になるのですが、努力をしていても痩せないと食べ物などで発散したくなってしまったりイライラしたりしてしまうときがあります。そういうときはムリをせず、低カロリーのものを沢山食べるようにします。たとえばサラダなどです。お腹が膨れれば多少はマシになると思います。

あとは自分の好きなお茶などで気分を紛らわせるのも手です。何かしら停滞期にストレスを発散しなければ体も心ももたなくなってしまいます。

ダイエットは無理して行うものではありませんので、停滞期はあまり気にせず行動すべきです。プーアル茶を使ったダイエットなどは若い女性にも人気で効果のあるダイエット方法のひとつです。

ここ最近ダイエットする為にウォーキングマシンを購入し、現在ダイエット中です。ジムに行くのも良いかなと

も思いましたが、行く手間とお金もかかる事を考えこちらを選びました。そしてこのマシンは食事の後に使用す

るようにしていますので、1日3回計1時間毎日続けています。1回につき20分なのでそこまできつくもなく

運動不足には丁度いい時間ですね。まだ始めてから2週間ちょっとですが、結構効果が出てきています。それは

というと動く事で腸が活発になり便通が良くなりましたね。ダイエットをするにも便秘は大敵ですのでこれを治

さないと中々体重が減りません。なのでそれが順調にきているせいか体重の減りがとても早く感じます。今のと

ころ約1週間で1kgのペースで減っており、合計2kgという感じです。このペースでどんどん体重が減って

くれると良いのですが、以前ダイエットした時このような感じで一度体重が減らず止まってしまった事があるの

で今回は上手く成功してくれると良いなと思っています。

最近体重が気になってきた

最近、体重の増加が気になります。

冬は、多少体重があっても、服を着込んでいて気になりませんが、だんだんと薄着になる温かい季節になってくると、お腹周りがだんだんと気になりだします。

今まで、数々のダイエット方法で失敗してきているので、無理のないダイエット方法で、なんとか健康に、痩せられないかと考えています。

そんな中、気になっているダイエット方法があります。

それは、チアシードです。

チアシードは、栄養素もたくさん含まれているので、ダイエットをしていて顔色が悪くなるとい事もなさそうです。

最近、仕事の疲れから、顔色が悪いと言われる事があるので、チアシードを食べて、ダイエットとともに、美容にも気をつけた生活を始められたらなと考えています。

チアシードは、飲み物に混ぜたり、ヨーグルトに混ぜたりと、いろいろな食べ方ができるみたいなので、自分に合った食べ方を見つけられたらなと考えています。

ドリンクタイプの物も、コンビニなどで手軽に購入できるみたいなので、まずはそれから初めて見るというのもいいなと思いました。

無理なダイエットの成果

私が20歳のとき、体型は159センチの60キロ。誰が見てもぽっちゃりの体型でした。毎日考えていることは「痩せたいなあ」でした。ダイエットの方法はいろんな種類を探しました。でもあまりにも手間がかかるものは気が乗りませんでした。「ダイエットは自転車の進み方と一緒だよ。漕ぎ始めは進まないけど、スピードにのったら楽でしょう?慣れるまでが大変なだけだから最初を頑張れ!」と知人に言われたことがあります。それでも面倒くさがりの性格が勝って、ダイエットになかなか取り組めませんでした。動くのもめんどくさい。食事は好きなものを食べたい。それでも夏目前にして、買い物に行った時に可愛いどストライクの柄の水着を見つけました。この水着をきたいな。今のままじゃ絶対似合わないし、水着もきれないな。面倒くさがりで、ダイエットする気がないのか?というような私が考えた方法が「カロリーの摂取を少なくする」でした。ご飯はいつも通り食べるけれど、野菜を多くとろうというものです。そして、晩御飯は毎日鍋にすることにしました。野菜だけをたっぷり食べれるし、味をかえて楽しんで続けれるかなというのが狙いでした。水炊き、味噌、キムチ、トマトなど。白いご飯やお肉は食べず、鍋の野菜のみです。朝と昼は普通に食べるようにしました。もともと鍋物が好物だったこともあり、全く苦痛ではありませんでした。味のバリエーションを増やして、気分をかえて飽きないようにいろいろ工夫しました。それでも2週間ほど続けたときに、そろそろ飽きてきたな〜と感じるようになりました。最初はぐっと我慢して、そのメニューで耐えていました。それでも少しだけならと、白いご飯をいれて雑炊にしたり。麺をいれてみたり。どんどんそのメニューに耐えられなくなって、しまいには違うメニューを食べるようになり私の鍋ダイエットは終わりました。痩せたのは1.5キロ。そこからが大変でした。晩御飯を好きなように食べられる自由が戻ってきた喜びは私の怖れていたリバウンドへと走らせました。好きなものを好きなだけ食べる生活にもどり、我慢していた分、量も増えてしまいました。その結果、3キロの増加。結局1.5キロ増えてしまったのです。ダイエットへの意気込みはどこへ行ってしまったのか。ダイエットはいつも失敗します。食事を変えたり、我慢をするダイエットは自分に全く向いていないということを身を持って実感することができるダイエットでした。

ダイエットを成功させるには

ダイエットに関していえば、成功あるいは失敗両方の要素が含まれていて、それのせいで途中挫折してしまうケースなど思ったように結果が出せないような場合も多いことでしょう。では、どうやって成功させるのか? 私は昔太っていましたのでその経験を踏まえ記事を書いていきたいと思います。

まずは、どのような状態に自分がなりたいのか?どのレベルのことなら続けていけるのか?などの要素を明確にしていかなければなりません。多くの場合、挫折してやめてしまう方のパターンは「きついから続けられなくなった」「面倒くさくなってしまった」などのようにダイエットをし始めてからその厳しさを知るということです。どんな内容のダイエット法なのか?自分がどの程度の本気さをもってダイエットに挑むのか?をあらかじめ決めておくことはダイエットをするうえで必須な要素であると思います。前提が決まると次はそれを実行しながら、どの程度のきつさなら継続できるのかを決めていかなければなりません。面倒くさくなってからですと、ついついハードルを低く設定しすぎてしまう傾向があるのでなるべく早い時期で週に実行する頻度などを決めるようにしてしまうことをお勧めしておきます。
これができてからは、あとは続ける理由を考えなければなりません。本当のことを言えば、今やっていることがやっているうちに好きになっていくことが最もいい傾向ですが、なかなか難しいことであるのは事実です。そこで、続けられる原動力を無理やり作っていしまいましょう。自分が自分の立てたプランを実行できるのであればその原動力は何でも構いません。「生まれ変わって認めさせてやりたい」「過去の自分を捨てて新しいことを始めたい」などのように自分に自分で言い聞かせるのもいいかもしれませんし、あるいは周りを巻き込んで(協力してもらって)やらざるを得ない状況を無理やり作るというのも一つの方法であると言えるでしょう。ちなみに私の場合は、前者を原動力として続けることができました。初めは嫌だと思ったり面倒くさいなと思ったこともありましたが、今では趣味になりつつあります。私が実践した方法はランニングです。ランニングといえば、続けられないダイエット方法の代表格なのでは?と思っている方もいるかもしれませんがランニングはもっとも効果的なダイエットのひとつではないかと私はおもいます。脂肪燃焼に加え、精神面の強化にもつながりますのでお勧めです。ダイエットをするうえで自分を変えるためにある程度の障害があることは理解しなければなりませんし、何もせずに痩せるとうたっているようなダイエット法は事実無根である場合も多いのでそこは観念してください(笑)。
リバウンドしたくないのなら体重を減らすことと同じように忍耐力など精神面の強化をして挫折しにくくすることの重要性を理解してください。
続けた日数が自分の思いの強さといえるかもしれませんね(あくまでも私の考えですが)。私は変われてとっても充実しています。良ければ参考にしてみてください。

情報元サイト・・・ダイエットプーアール茶口コミ